indigo la Endのバンドマジックを雨降る野音で体感した芦沢ムネト【イラストLIVEレポート】

indigo la Endのバンドマジックを雨降る野音で体感した芦沢ムネト【イラストLIVEレポート】
川谷絵音(vo、g)
フテネコの生みの親・芦沢ムネトによる、イラストレポート。今回は、indigo la End(インディゴ ラ エンド)の追加単独公演『abuku』へ行くことに。雨が降りしきる日比谷野外大音楽堂で、「あっという間」だったと語る芦沢ムネトは、何を感じたのか?

【画像】indigo la End 追加単独公演『abuku』のイラストレポートd

----------

indigo la End 追加単独公演『abuku』
2019.06.30@日比谷野外大音楽堂

----------

■雨も“indigo la Endらしさ”

indigo la Endの追加単独公演『abuku』を日比谷野外大音楽堂に観に行きまして。天気予報が雨で「大丈夫かな?」と思ってたら、案の定、最初の演奏を始めた段階から結構雨が降ったんですね。

でも、本人も言ってましたけど、雨との雰囲気がぴったりで“indigo la Endらしいシチュエーション”という感じで、良いなぁと思いましたね!

川谷絵音のひと言で!

途中、川谷絵音(vo、g)くんの「野音いける?」というひと言で、みんなが「わぁー!」っとなる感じ、お客さんみんなテンション上がってましたね。

■佐藤栄太郎が天を仰ぐ姿はまるで……(笑)

前半、ドラムの佐藤栄太郎さんが演奏を間違えてしまったときに、「すみません!」みたいになったんですけど。その瞬間、佐藤さんが立ち上がって天を仰いだのが、雨も相まってめちゃくちゃカッコ良いっていう。絵も雨で滲んで、なおのことカッコ良くなりましたね! 『ショーシャンクの空に』のワンシーンみたいになってました(笑)。

あわせて読みたい

M-ON! MUSICの記事をもっと見る 2019年7月11日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。