EXILE/三代目JSB・NAOTO、SABU監督の最新作『ダンシング・マリー』で映画初主演!「うれしいのひと言」

EXILE/三代目JSB・NAOTO、SABU監督の最新作『ダンシング・マリー』で映画初主演!「うれしいのひと言」
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
■「NAOTOさんはとにかく素晴らしかった。パフォーマーとしての身体能力やセンスは知っていましたが、演技がこれほどできるとは……」(SABU監督)

【画像】NAOTOの演技をSABU監督も絶賛!

EXILE、三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのパフォーマーNAOTOが、SABU監督の最新作『ダンシング・マリー』で映画初主演を務めることが発表された。
『ダンシング・マリー』は独自の世界観を創出し、国内外で注目を浴びるSABU監督のオリジナル脚本。とある朽ち果てたダンスホールに住み憑く“幽霊”のマリーから、生前に熱烈な恋に落ちていたジョニーを探してほしいと頼まれた青年・藤本研二がふたりの恋を成就させようと奮闘する、時空を超えた壮大なラブファンタジーだ。

NAOTOが演じるのは、都市開発課の職員としてダンスホールの解体を担当する藤本。無気力で平坦な日々を過ごす藤本が、超能力を持った少女との出会いをきっかけにマリーの願いを叶えようと人探しならぬ幽霊探しに奔走する。

撮影は昨年の2月に東京、北九州、そして台湾で敢行。ホラーシーンだけでなく、ラブストーリーやヒューマンドラマ、アクションの要素もふんだんに散りばめられ、ジャンルを超えた唯一無二の意欲作となっている。

また、本作が現地時間10月3日よりスペインで開催される、世界3大ファンタスティック映画祭のひとつ、『シッチェス・カタロニア国際映画祭2019』の正式招待作品に選出されたことも明らかに。

あわせて読みたい

M-ON! MUSICの記事をもっと見る 2019年7月18日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。