アニメ『新 ルーニー・テューンズ』のアクセル・ローズ(ガンズ・アンド・ローゼズ)登場エピソードがいよいよ日本にて配信
拡大する(全1枚)
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
■日本語吹替えは、GRANRODEO谷山紀章! 劇中では、アクセル・ローズ(ガンズ・アンド・ローゼズ)が10年以上ぶりの新曲「Rock the Rock」を披露!

【画像】さっそうとポーズを決めるアクセル・ローズ!

アニメシリーズ『新 ルーニー・テューンズ』に、ガンズ・アンド・ローゼズのアクセル・ローズが出演!
ロックファンの間で騒然となった、アクセル・ローズ出演エピソード『ロックでぶっ飛ばせ』(原題:Armageddon Outta Here)が、「dTVチャンネル(R)」で配信中の「ブーメラン」にて、7月28日午前10時から日本初配信される。

『新 ルーニー・テューンズ』は、バッグス・バニーとワイリー・コヨーテ、ヨセミテ・サムなど、おなじみのキャラクターたちが登場する、全米で2015年秋より放送開始となったアニメシリーズ。日本では、前述の「ブーメラン」にて2018年3月より配信されている。

『ロックでぶっ飛ばせ』では、アクセル・ローズがアニメで登場し、声も本人が担当! アクセルが歌う10年以上ぶりの新曲となる劇中歌「Rock the Rock」が披露されたことで、2018年のアメリカでの放送時には世界的に話題となった。

そして、今回、アクセル・ローズ役の日本語吹替え(台詞部分)をつとめるのは、声優にして、GRANRODEOのメンバーとしても知られる谷山紀章が担当。 アクセル・ローズの台詞と歌詞の監修は、音楽専門誌元編集者で、洋邦問わず多彩なロックミュージシャンに精通、映画『ボヘミアン・ラプソディ』の字幕監修など多岐にわたって活動中の音楽ライター・増田勇一が担当する(※劇中歌「Rock the Rock」は原音と歌詞の日本語字幕になります)。