横浜流星、飯豊まりえ、矢作穂香、松岡広大が同じ高校だったことが明らかに! 映画『いなくなれ、群青』イベントが大盛況

横浜流星、飯豊まりえ、矢作穂香、松岡広大が同じ高校だったことが明らかに! 映画『いなくなれ、群青』イベントが大盛況
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
■「横浜さんと私は根本的に正反対な性格です!」(飯豊まりえ)

【動画】映画『いなくなれ、群青』予告編

第8回「大学読書人大賞」受賞作にして、「読書メーター」読みたい本ランキング第1位を獲得し、シリーズ累計100万部を突破した河野裕の青春ファンタジー小説『いなくなれ、群青』(新潮文庫nex)。同作が、このたび実写映画化を果たし、映画『いなくなれ、群青』として9月6日より全国公開となる。
そして、昨日8月12日、新宿バルト9にて、完成披露試写会が開催された。

階段島の世界を再現した幻想的なパネルが設置された舞台上に、横浜流星、飯豊まりえ、矢作穂香、松岡広大、松本妃代、中村里帆、黒羽麻璃央、神前暁、柳明菜監督が大きな拍手の中登壇した。

まず横浜は「階段島の美しい世界観は原作の好きな方々にも喜んでもらえるような画を監督が作ってくださったので、すごく自信を持って言える注目ポイントです」と原作がシリーズ累計100万部を突破した本作を、原作ファンも納得のいく出来上がりになっているとコメント。

横浜演じる“悲観主義者”な七草と、飯豊演じる“理想主義者”な真辺は映画でも対称的に描かれており、どちらのタイプに似ているか聞かれた横浜は「感情を抑えて表に出さないところは七草に近いかな」と答え、飯豊も「(七草と真辺のように)横浜さんと私は根本的に正反対な性格です!」と話し会場は笑いに包まれた。

また黒羽は「自分が演じたナドは“すぐに屋上に行っちゃう系男子”なんですけど、どちらかというと七草に似ていて、~系で縛ると“すぐに孤独を感じちゃう系男子”。でもみんなの輪の中心にいるような(松岡演じる)佐々岡みたいな人に憧れています。佐々岡は“つねにヘッドホンをかけちゃう系男子”ですかね。僕おしゃれです、みたいな!」とそれぞれのキャラクターを楽しげにネーミングしていくひと幕もあった。

あわせて読みたい

M-ON! MUSICの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年8月13日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。