北村匠海・松坂桃李・浜辺美波登壇! 映画『HELLO WORLD』、京都・東本願寺にてレッドカーペット&野外上映会が実現

北村匠海・松坂桃李・浜辺美波登壇! 映画『HELLO WORLD』、京都・東本願寺にてレッドカーペット&野外上映会が実現
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
■「東本願寺って、レッドカーペット敷いてもいいんだ」(浜辺美波)

【画像】キャスト3人は、野外上映会イベントにもサプライズ登壇

『時をかける少女』『サマーウォーズ』など、細田監督のもとで助監督を務め、『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』を興行収入25億円のヒットに導いたことも記憶に新しい、日本アニメーションの次世代を担う伊藤智彦監督の劇場版最新作『HELLO WORLD』(読み:ハローワールド)。
京都に暮らす内気な高校生・堅書直実を演じるのは、子どものころから憧れた声優に今回念願の“初挑戦”となった北村匠海。また、突然直実の前に現れる10年後の自分・カタガキナオミを演じるのは、『パディントン』を観た監督から熱烈なオファーを受けてキャスティングされた松坂桃李。

ふたりは現在と未来の自分同士という奇妙なバディを組んで、未来で命を落としてしまう浜辺美波演じる一行瑠璃の命を助けようと奮闘。まさに新世代の幕開けにふさわしい“新機軸のハイスピードSF青春ラブストーリー”となっている。

8月に行われたプロジェクト始動イベントでは、キャスト3人の溢れんばかりのアニメ愛が話題に。本作のためだけに結成された実験的なプロジェクト“2027Sound”(読み:ニーゼロニーナナサウンド)も大きな注目を集めた。

そして、9月20日に公開を迎える本作が、満を持して完成。2027年の京都を舞台にした本作にちなみ、京都・東本願寺にて、公道封鎖のレッドカーペットアライバル(全長110メートル)と、境内に設置された巨大スクリーンにて、東本願寺400年の歴史“史上初”となる野外上映会が開催された。

あわせて読みたい

M-ON! MUSICの記事をもっと見る 2019年9月12日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。