「50歳って(微笑)。見えないでしょ?」TETSUYA(L'Arc〜en〜Ciel)、バースデーライヴが大盛況

       
どんと変え、オーディエンスの心と身体を揺さぶっていった。

このあと、Juicy-BananasとTETSUYAは突然舞台から姿を消し、場内は暗転。そうして5分後、UFOのような光りを放ちながら舞台中央の円形ステージがポップアップすると、今度はアコースティック編成のバンド(ピアノ、アコースティックギター、パーカッション、女性コーラス)とともに、TETSUYAが再び登場。客席から驚きの声があがるなか、TETSUYAは椅子に座ったまま「wonderful world」「Eureka」を続けてプレイ。アコースティックサウンドにシフトしたアレンジのなかではTETSUYAのメロディセンスがさらに輝きを増し、歌のアプローチもさっきまでとは変わり、甘くて優しい歌心に溢れたパフォーマンスに、観客は心地よく浸っていった。

そうしておもむろに場内を見回し「近いね、この会場。みんなに見られてる感じがしてちょっと恥ずかしい」といってお茶目な表情をうかべるTETSUYA。「みんなのために新曲を用意してきました。新曲をアコースティックで発表っていうのがまた、よくない?」といって椅子から立ち上がり、新曲「白いチューリップ」をアクト。星に眠る君に送った歌詞、最後に1オクターブ下で歌う曲のクロージングなど名曲の匂いをあちこちに漂わせる新曲に繋ぐように、このあと「empty tears」「Times goes on~泡のように~」を連続で届けていった場面は美しいほど見事で、ここで場内の切なさはマックスに高まっていった。

当時の記事を読む

M-ON! MUSICの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月6日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。