SARD UNDERGROUND、『名探偵コナン スペシャル・コンサート』でZARD×名探偵コナンのコラボ曲メドレーを披露
拡大する(全1枚)
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
■新世代のZARDトリビュートバンド・SARD UNDERGROUND、ZARDの名曲14曲をカバーしたアルバム『ZARD tribute』が好評発売中!

【画像】『名探偵コナン スペシャル・コンサート2019』第2部のOPアクトを務めたSARD UNDERGROUND

9月18日にZARDの永遠のスタンダードナンバー14曲のカバーを収録したアルバム『ZARD tribute』でデビューした新世代ZARDトリビュートバンド“SARD UNDERGROUND”が、10月11日に大阪・大阪城ホールで開催された読売テレビ開局60年『名探偵コナン スペシャル・コンサート2019』第2部にオープニングアクトとして登場。ZARDと『名探偵コナン』のコラボ曲のカバーを披露した。
第1部では、ZARD・坂井泉水のボーカルとオーケストラがシンクロ。「少女の頃に戻ったみたいに」「夏を待つセイル(帆)のように」「翼を広げて」が演奏され、涙を流す人の姿も数多く見られた。

その会場の空気からも、『名探偵コナン』ファンからいかにZARDの楽曲が愛されているかということを再確認したSARD UNDERGROUNDは、ZARDの楽曲との出逢いへの感謝とその永遠のスタンダートナンバーを継ないでいくことへの想いをあらたに、緊張した面持ちでステージへと立った。

そして、伸びやかなで瑞々しい歌と演奏で「運命のルーレット廻して」「グロリアス マインド」「愛は暗闇の中で」「星のかがやきよ」の4曲をメドレーで披露。観客からは温かな拍手が送られ、コンサートのSNSでは「感動した!」との声も上がった。