■「必死にもがいている姿のヨナ姫は、今の自分に重なる部分も多いです」(生駒里奈)

【画像】舞台『暁のヨナ ~烽火の祈り編~』ポスタービジュアル

10月24日、TOEI TECMO CAFE & DININGにて、生駒里奈、矢部昌暉(DISH//)がW主演を務める舞台『暁のヨナ~烽火の祈り編~』の制作発表が行われた。
同舞台は『花とゆめ』(白泉社)にて連載中の草凪みずほ氏による漫画作品が原作。
王女ヨナとその仲間の成長を描く大河ファンタジーだ。流浪の身となりながら、様々な人との出会いにより成長し、自身の運命に向き合っていく主人公の姿が描かれている。

好評連載中の人気コミックは、2014年にアニメ化され、2016年には第1弾、2018年に第2弾の舞台公演が行われた。

前作に続き、ヨナを演じる生駒は、今作品への意気込みについて「1回演じた役だからこそ、もっともっとヨナ姫について深く考えて、自分の思いを広げていって、さらにみんなの冒険を皆様にお伝えできたらと思います」と語り、「前回よりも強くなろうと必死にもがいている姿のヨナ姫は、今の自分に重なる部分も多いです」と自分の演じる役柄について語った。

同じくW主演のハクを演じる矢部は「同じ役を続編でやらせていただくことが初めてなのですごくうれしくて、前回の経験を生かして、よりさらにたくましくかっこいいハクを演じられればと思います」と語り、「大刀を振り回すのは大変なので、本番までにはかっこいい殺陣に仕上げたいと思っております」と舞台本番に向けて意気込んだ。

前作よりスウォン役を演じる陳内将は「あらたなキャストが加わり、若いパワーがありますので、彼らに負けないように僕らも彼らを支えられるように、良いカンパニーを作れたらなと思っております」と述べ、「ヨナと目を見て会話するシーンが一度もありませんので、心のバランスをどう保てば良いのか、というのが難しい点」と語ると、一同が笑いに包まれた。


制作発表には新しく加わるキャスト、塩崎太智(M!LK)、曽野舜太(M!LK)、山中柔太朗(M!LK)、堀海登、熊谷魁人も参加。同舞台に対する意気込みを思い思いに述べた。
※「塩崎太智」の「崎」は、たつさきが正式表記。

また、原作者の草凪みずほが熊本県在住ということで、熊本県PRキャラクターのくまモンが応援のために登壇。くまモンは登場すると生駒に投げキスを送り、会場を沸かせた。熊本出身の陣内は「九州男児同士、皆様の前に立てることが夢のようでございます」とくまモンと肩を組んだ。
草凪みずほが舞台化を記念して原作キャラクターとくまモンのコラボレーションイラストを書き下ろしたビジュアルも披露された。

最後にW主演のふたりから、舞台を待っているファンへ舞台の見どころを紹介。生駒は「今回若い力が加わり、毎日癒されながらみんなの頑張っている姿に、この作品ももっと高まっていくんだろうなという期待も込めて、自分も負けてられないという思いで稽古しております。そして原作が好きな方は『このシーン、こういう風になるんだ』という発見もしていただきたいですし、いちばんはヨナ一行がどのように旅をして成長していくかが見どころだと思いますので、一生懸命演じられるように頑張っていけたらと思います」と語り、矢部は「『暁のヨナ』という作品は、出てくるキャラクターがみんな個性的ですごく魅力的なので、それぞれのキャラクターも好きになってくれると思いますし、少女漫画なので胸キュンポイントもありつつ、それぞれの人間ドラマなどいろんな物語が詰まった作品になりますので、ぜひ皆さん楽しみにしていてください」とメッセージを述べた。

『暁のヨナ~烽火の祈り編~』は、11月16日~23日に、EX THEATER ROPPONGIにて全11公演が上演。なお、TOEI TECMO CAFE & DININGでは、10月24日~11月13日まで、「暁のヨナ」Cafeが開催中だ。


舞台情報
『暁のヨナ ~烽火の祈り編~』
11/16(土)~11/23(土) 東京・EX THEATER ROPPONGI
出演者:生駒里奈、矢部昌暉(DISH//)/ 塩崎太智(M!LK)、曽野舜太(M!LK)、山中柔太朗(M!LK)/ 山田ジェームス武、釣本南、瀬戸祐介 / 武智健二、寿里 / 陳内将 ほか
原作:草凪みずほ(白泉社『花とゆめ』連載中)
脚本:早川康介
演出:大関真
制作:テレビ朝日ミュージック
企画協力:白泉社
主催:舞台「暁のヨナ」製作委員会

舞台『暁のヨナ~烽火の祈り編~』OFFICIAL WEBSITE
http://yona-stage.jp/