サカナクション、[ALEXANDROS]、キュウソネコカミら全30組出演のロック大忘年会『FM802 RADIO CRAZY』閉幕
拡大する(全1枚)
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
■FM802が年末に送る、毎年恒例のロック大忘年会。通称レディクレが今年も大賑わい

【画像】2019年はメジャーデビュー15周年であり、志村正彦の逝去から10年が経つ区切りの年だったフジファブリック

毎年、大阪の年末を飾る“ロック大忘年会”『FM802 30PARTY FM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY 2019』(以下、レディクレ)がインテックス大阪にて開催された。
第11回目となる今回は、主催であるFM802の開局30周年というメモリアルイヤーのラストを締めくくるもので、12月25日・26日・27日という初の3デイズ! 白熱のライブが目白押しだったDay1・2同様に、最終日の12月27日も、ウルフルズやキュウソネコカミ、BIGMAMAなど人気アーティスト全30組が音楽で来場者をおもてなし。さらに特設サテライトスタジオなどにもFM802のDJ陣らと姿を現して公開収録や弾き語りを行って記念すべき“開局30周年のレディクレ”を大成功に収めた。

■“Z-STAGE”を中心に8組をピックアップ
朝一番の“Z-STAGE”を沸騰させたのはgo!go!vanillas。昨年の交通事故から復活を果たした長谷川プリティ敬祐は元気な姿を見せると、昨年のレディクレでファンが作り贈った“千羽蝶ネクタイ”のことを“本当にうれしかった。そのおかげで去年の今日、意識を取り戻せたと思う”と語った。また最後には、サポートを迎えた昨年の出演のあとに観客が自発的に「おはようカルチャー」を歌い出したことを受け、FM802と企画・募集し、DJ陣も参加して結成した“おはカル合唱部”との大合唱も! この大きな感動と幸せに包まれた光景はメンバーにとってもファンにとっても一生忘れられない思い出になったことだろう。