ボクシング映画『アンダードッグ』に、森山未來、北村匠海(DISH//)、勝地涼の出演が決定!

ボクシング映画『アンダードッグ』に、森山未來、北村匠海(DISH//)、勝地涼の出演が決定!
拡大する(全1枚)
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
■「出演が決まったときは確実に自分への挑戦状だと思い、そのリングに上がらない訳がないと、気持ちが熱くなりました」(DISH//・北村匠海)

【画像】DISH//「星をつかむ者達へ」ジャケット写真

AbemaTVが、開局以来初となる本格映画作品『アンダードッグ』を東映ビデオと共同製作。2020年冬に、劇場公開およびAbemaTVプレミアム会員向け配信を予定している。
“アンダードッグ”とはボクシング界では“咬ませ犬”を意味する言葉。スターダムに駆け上がっていく選手たちの陰で、“咬ませ犬”として踏み台にされながらも這い上がろうともがく、崖っぷちのプロボクサー・末永晃を主演の森山未來が演じる。

ボクサー役が初となる森山は、撮影が始まる半年以上前から本格的なボクシング練習を開始。現在では武正晴監督が「もはやプロボクサーにしか見えない」と語るほど、動き、肉体共に鍛え上げているという。

共演する北村匠海は、児童養護施設で育った経歴を持つ、成長著しい若手ボクサー・大村龍太を演じ、勝地涼は、テレビ番組の企画でボクシングに挑戦する鳴かず飛ばずの芸人ボクサー・宮木瞬を演じる。北村、勝地共に森山とリングで対決する役。ふたりもまた森山に負けじとボクシング練習を重ねている。三者三様の生きざまを抱えた男たちが、互いのプライドを賭けて拳を交える。

■『百円の恋』製作チームが放つ、ボクシング映画のあらたな金字塔
メガホンを取るのは、2019年、多くの話題を呼んだドラマ『全裸監督』(Netflix)の総監督を務め、『百円の恋』(2014年)では日本アカデミー賞、ブルーリボン賞など数々の映画賞を総なめにし、米アカデミー賞では外国語映画部門の日本代表にも選出された武正晴監督。『百円の恋』以来、再びボクシングを題材にした作品に挑む。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

勝地涼のプロフィールを見る
M-ON! MUSICの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「勝地涼」に関する記事

「勝地涼」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「勝地涼」の記事

次に読みたい「勝地涼」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク