King Gnuが中学時代のジャージ姿で登場。『ミュージックステーション』令和2年1月放映分の注目点!
拡大する(全1枚)
掲載:M-ON! MUSIC
知らない人はいないであろう音楽番組『ミュージックステーション』を、音楽ブロガー・レジーが定点観測する連載コラム「月刊 レジーのMステ定点観測」。

【動画】Mステ出演アーティストのMV

2020年1月、令和2年最初の月のMステは17日、24日、31日に通常放送の3回。通常放送なので基本的にはアーティストの最新曲のパフォーマンスが主体……と思いきや、なんやかんや企画が組み合わさって「Mステとはなんぞや?」がよくわからなくなるというのが昨今のMステのお約束です。

ちなみに、31日の放送では、「中島みゆきトリビュートスペシャル」という“いかにも音楽バラエティ”な企画にて、そこに出演したAIのバックバンドおよびその日歌った楽曲(「空と君の間に」)の編曲にインストバンドのOvallが関わっていました。なんとなく“わかりやすくバラエティ番組にしたい派”と“ちゃんとしたミュージシャンを使って音楽番組をやりたい派”のせめぎ合いをこの構図に見ました。

とは言うものの、1月のMステにはそういった“企画もの”の外側に面白いステージもいくつかありました。前後編でお届けする今回、まずはそんな魅力的な時間を作り上げたロックバンドの様子からどうぞ。

■King Gnu、カーリングシトーンズ:日本にはまだまだロックバンドが必要だ

17日の放送に出演したのがKing Gnu。年末はMステウルトラフェスへの出演に続いて大晦日の『第70回NHK