岡崎体育、『OKAZAKI ROCK FESTIVAL 2020』で注目の3アクトが豪華競演!(※ただし、すべて岡崎体育)

       
などきめ細かな趣向が用意された。

会場が暗転し、フェスさながらのアタック映像でトップバッターとして紹介されたのは<ポテト探検隊>。ボーカルの芋村(岡崎体育)擁する、全員苗字に“芋”が付く4ピースロックバンドだ。全員カラフルな色違いのトレーナーでステージに登場し、芋村の「ポテト探検隊、『OKAZAKI ROCK FESTIVAL 2020』!」の掛け声で演奏がスタート。1曲目は、昨年TikTokの年間楽曲ランキングで1位を獲得した「なにをやってもあかんわ」。TikTokでのヒット要因となった楽曲の見せ場(?)でもある“腹太鼓”を観客全員で行うなど、疾走感あるパンクサウンドで会場を一気に盛り上げた。

続く代表曲「鴨川等間隔」で早くも会場を一体感で包み込み、心地よいバンドアンサンブルを響かせる。MCでは、芋村(vo)からメンバー全員が“繊細”なキャラクターの持ち主であることを紹介。やたらと楽器の汚れを気にしたり、髪型を気にするメンバーをいじると、その流れから繊細なメロディーが耳に残る「チューリップ」、そしてバンドアレンジがエモーショナルなバラード「式」が披露された。この日のために用意されたという新曲「やさしくなりたい」では、バンド演奏が終わると見せかけて、演奏陣がなかなか演奏をやめてくれず困惑する芋村に会場からは笑いがおき、同時に芋ヶ辻(g)の流麗なギターソロや芋田(ds)のパワフルなドラミングに盛大な拍手がまきおこった。しかし最後はリーダーの芋東(b)のヘタすぎるベースソロが会場の失笑を招くというお粗末な展開に。芋村からのツッコミでようやく茶番劇に終止符をうつという演出に会場が和んだ。最後はSSAで感動的なパフォーマンスを魅せた「エクレア」を観客と合唱し、拍手渦巻く中ステージをあとにした。

当時の記事を読む

M-ON! MUSICの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「岡崎体育」に関する記事

「岡崎体育」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「岡崎体育」の記事

次に読みたい「岡崎体育」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月12日の音楽記事

キーワード一覧

  1. 岡崎体育 MV
  2. 岡崎体育 まんぷく
  3. 岡崎体育 ライブ

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。