乃木坂46、4期生初出演ドラマ『サムのこと』『猿に会う』配信決定!主演は遠藤さくらと賀喜遥香

乃木坂46、4期生初出演ドラマ『サムのこと』『猿に会う』配信決定!主演は遠藤さくらと賀喜遥香
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
■「とてもいい経験になったなと思いました」(遠藤さくら)、「まさか4期生全員でドラマをやらせていただけるなんて思ってもいなかった」(賀喜遥香)

【画像】『サムのこと』のワンシーン

乃木坂46の4期生メンバーが出演するドラマ『サムのこと』と『猿に会う』が、映像配信サービス「dTV」で独占配信されることが決定した。
『サムのこと』『猿に会う』は、西加奈子の初期の同名短編小説が原作。西加奈子は2015年に『サラバ!』で直木賞を受賞し、累計100万部を突破したベストセラー作家。これまで、自身の作品では、宮崎あおいと向井理の出演で大きな話題を呼んだ『きいろいゾウ』(2013年)、『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』(2014年)、『まく子』(2019年公開)の3作が映画化。今秋には4作品目となる『さくら』が公開予定となっているが、西の作品がドラマ化されるのは今回が初となる。

『サムのこと』『猿に会う』の両作品に共通するテーマは“青春時代の葛藤とそれを乗り越えていく希望”。このテーマを描くにあたり、日本を代表するアイドルグループにおいて大きなプレッシャーを受けながらも青春時代を送り、今後、さらなる躍進が期待されている乃木坂46の4期生に出演を打診し、今回の企画が実現した。

乃木坂46の4期生は2018年12月にデビューし、東京・日本武道館でお披露目された『乃木坂46 4期生お見立て会』で約1万席のチケットが発売後2時間で完売するなど、デビュー当時からその注目度の高さを証明。さらに、遠藤さくらは乃木坂46の24枚目のシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」で初センターを飾ったほか、フロントには同じく4期生の賀喜遥香と筒井あやめが起用されるなど、これからのグループを背負う次世代のセンター候補としてすでに圧倒的な人気を集めている。4期生は本作がドラマ初出演となり、『サムのこと』では遠藤さくら、『猿に会う』では賀喜遥香がともにドラマ初主演を務める。

あわせて読みたい

M-ON! MUSICの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「乃木坂46、4期生初出演ドラマ『サムのこと』『猿に会う』配信決定!主演は遠藤さくらと賀喜遥香」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    コメントランキング閉鎖しなよ←ハハハ、安倍と自民党ネトサポは、コメ欄キチの出現により、今まで上手くいってたネット上での工作活動がバラされちまったからなあ。お前らの汚い手口はバレたんだよ!

    1
この記事にコメントする

「乃木坂46 + ライブ」のおすすめ記事

「乃木坂46 + ライブ」のおすすめ記事をもっと見る

「乃木坂46 + メンバー」のおすすめ記事

「乃木坂46 + メンバー」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「AKB48」のニュース

次に読みたい関連記事「AKB48」のニュースをもっと見る

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月22日の音楽記事

キーワード一覧

  1. 乃木坂46 メンバー
  2. 乃木坂46 ライブ

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。