キンプリ・平野紫耀、『第6回カバーガール大賞』の“メンズ部門”で大賞を受賞!「みんな、どんな反応してるんだろう?」
拡大する(全1枚)
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
■「今年もたくさん表紙に起用していただけるように、精いっぱい頑張ります!」(King & Prince・平野紫耀)

【画像】平野紫耀が表紙を飾った雑誌の数々

本日3月4日、「雑誌の日」を記念して『第6回カバーガール大賞』が発表された。
『カバーガール大賞』は、2019年(1月~12月まで)に発売され、オンライン書店「Fujisan.co.jp」で取扱いのある雑誌・フリーペーパー・電子雑誌等を中心に約1万誌を調査。表紙を飾った回数の多かった女性を選定し、第6回カバーガール大賞受賞者として表彰するもの。

大賞のほかに、エンタメ・コミック・グラビア・ファッションの各部門賞受賞者と、10代20代30代でトップを飾った人々のほかに、2019年に読者やファン、メディアにニュースを届けてくれたカバーガールや雑誌を讃えて、カバーガール大賞実行委員が選ぶ『話題賞』を表彰。

そして今年から、表紙を飾った回数がいちばん多かった“男性”を表彰する【メンズ部門】が新設された。

■今年からあらたに加わった【メンズ部門】初の大賞は平野紫耀!
今回から新設された【メンズ部門】は、2019年に表紙を飾った回数のいちばん多かった男性を表彰する、いわばメンズ版カバーガール大賞。そんなメンズ部門で大賞を受賞したのは、King & Princeの平野紫耀。

平野は、グループではもちろんのこと、個人でも数多くの表紙を飾り、『WiNK UP』(ワニブックス)などのアイドル雑誌に加え、『メンズノンノ』(集英社)などのメンズファッション誌から『andGIRL』(エムオン・エンタテインメント)、『週刊TVガイド』(東京ニュース通信社)、『anan』(マガジンハウス)、『東海ウォーカー』(KADOKAWA)、『日本映画navi』(産経新聞出版)などなど……女性ファッション誌、テレビ情報誌、女性週刊誌、タウン誌、映画情報誌、舞台情報誌と、多岐に渡るジャンルの雑誌に登場。