YOSHIKIの高速ドラムスは、3人の和太鼓奏者が連弾で表現! 10人組和楽器集団が、X-JAPANの「紅」を怒濤のカバー

YOSHIKIの高速ドラムスは、3人の和太鼓奏者が連弾で表現! 10人組和楽器集団が、X-JAPANの「紅」を怒濤のカバー
拡大する(全1枚)
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
■「あまりの高速プレイに和太鼓奏者たちは手から出血、津軽三味線、箏奏者は腱鞘炎になったメンバーもいて、全員ボロボロになってのレコーディングと撮影でした」(桜men リーダー・中村仁樹)

【動画】桜men「紅(KURENAI)」和楽器カバー MV

2017年の結成以来、様々なアーティストとのコラボや、テレビアニメ『ONE PIECE』の新シリーズ『ワノ国編』のBGMを手がけるなど、独特の存在感を示してきた唯一無二の男性10人組和楽器パフォーマンス集団“桜men”が、X-JAPANの名曲「紅」を和楽器にて大胆にカバー。動画サイトへ公開した。
動画ではオリジナル音源の高速ドラムスを3人の和太鼓奏者が連弾で表現し、超絶技巧のギターソロを三味線、箏、尺八で奏でるという前代未聞の和楽器パフォーマンスを披露。リーダーで尺八奏者の中村仁樹は「あまりの高速プレイに和太鼓奏者たちは手から出血、津軽三味線、箏奏者は腱鞘炎になったメンバーもいて、全員ボロボロになってのレコーディングと撮影でした。でもそれらすべては原曲へのリスペクトです」と制作を振り返った。

津軽三味線担当のKIJUも故hide愛用のギター、モッキンバードと同じ柄を施した津軽三味線を使用し、リスペクトを表現した。

そして同時に、同カバー曲を収録した初のオリジナルアルバム「華の大演舞会」のリリースと発売記念ワンマンライブの開催も発表。アルバムにはオリジナル曲(ボーカル曲、インスト含む)の数々と、
編集部おすすめ

当時の記事を読む

M-ON! MUSICの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク