実は観たことなかった……。アーティストたちが同時に『フォレスト・ガンプ』を自宅観賞

実は観たことなかった……。アーティストたちが同時に『フォレスト・ガンプ』を自宅観賞
掲載:M-ON! MUSIC
邦ロック界で一二を争う映画論客とも言われるBase Ball Bear小出祐介が部長となり、ミュージシャン仲間と映画を観てひたすら語り合うプライベート課外活動連載。

【動画】『フォレスト・ガンプ/一期一会』予告編

実は観たことなかったあの名作をこのタイミングで。それぞれの自宅で「せーの!」で観始めて、終わったらオンラインで感想会。映画館が休館しても映画はいくらでも楽しめる!
----------
みんなの映画部 活動第63回[後編]
『フォレスト・ガンプ/一期一会』
参加部員:小出祐介(Base Ball Bear)、福岡晃子、オカモトレイジ(OKAMOTO’S)
----------

■ガンプは自分の血や出自をナチュラルに乗り越える

レイジ 俺とかアメリカの歴史はまったく勉不足なんですけど、ただフォレスト・ガンプって設定からして本物のイノセントマンっていうか。物語の背景にはアメリカの歴史が流れてるけど、そこの世間とか社会の価値観とは完全に切れた人ですよね。

小出 そうそう。そして成長していく彼のもとには常に黒人の人が一緒にいるわけですよ。例えばベトナム戦争に出兵した時の親友のバッバくん(ミケルティ・ウィリアムソン)。彼との友情がその後のフォレストの人生にすごく大きい影響を与えるわけ。で、そのあと負傷して戦地から帰ってくるくだりのところで、今度は黒人の人から卓球を教わるんだよね。

だけど社会的には、肌の色をめぐることがずっと起こってる。フォレストの幼なじみで最愛の女性になるジェニー(ロビン・ライト)がさ、フォークシンガーのジョーン・バエズに憧れていて、ベトナム戦争のときにヒッピー文化に傾倒していく。その先で反戦運動してる友達ができて、ついにはブラックパンサー党の人たちとも繋がりができる。ブラックパンサーって黒人民族主義運動の過激派だから、言ってしまえばクー・クラックス・クランの真反対の存在。

あわせて読みたい

小出祐介のプロフィールを見る
M-ON! MUSICの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「西寺郷太」のニュース

次に読みたい関連記事「西寺郷太」のニュースをもっと見る

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月1日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。