三代目JSB・山下健二郎、鈴木おさむ監督の「見どころはイケメンゾンビのアップ」発言に「え、主演俺やねんけど」
拡大する(全1枚)
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
■「無事に公開となってうれしいです!舞台から2年かけて映画になりました」(三代目JSB・山下健二郎)

【動画】映画『八王子ゾンビーズ』の予告編

映画『八王子ゾンビーズ』の公開記念舞台挨拶が、本日7月18日に東京・渋谷TOEIにて行われた。
舞台挨拶には、主人公の夢破れたダンサー・羽吹隆を演じる主演の山下健二郎(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)、満月に向かってダンスをすることで成仏できるという“訳あり”イケメンゾンビ集団「八王子ゾンビーズ」のメンバーを演じた久保田悠来、藤田玲、牧島輝、夢破れた羽吹が修行体験に向かう希望寺の住職・孔明を演じた松岡充、2018年8月に上演された舞台に引き続き、本作のメガホンをとった鈴木おさむ監督が登壇。映画を観終わったばかりの観客と中継を繋ぎ、無事に公開となった喜びを届けた。

新型コロナウィルスの影響で公開延期となっていた本作。待ちに待った公開を迎えた心境を聞かれた山下が「無事に公開となってうれしいです! 舞台から2年かけて映画になりました。昨日公開となった強敵『今日から俺は!!』に勝てるように俺たち考えたんですよ」と答えると、続けて久保田が「その名も『昨日から俺たちは!!』」と見事な掛け合いを見せるも、マスコミの反応は今ひとつ。すると「スクリーンの向こうの皆さんはマスクをしているけど心の中で笑っているはずです!」と中継で繋がれた観客たちに助けを求め、笑いを誘った。