スキマスイッチ、『POPMAN'S CARNIVAL vol.2』より2019年12月に行われた中野サンプラザ公演の映像作品化が決定
拡大する(全1枚)
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
■『POPMAN’S CARNIVAL vol.2』は、2020年2月に熊本でファイナルを迎える予定だったが、コロナ禍で急きょ開催を見合わせることとなり、いまだファイナルを迎えられていない。

【画像】ワクワクするようなジャケット写真も公開

2019年10月にスタートし、2020年2月にファイナルを迎える予定だった、スキマスイッチの『TOUR 2019-2020 POPMAN’S CARNIVAL vol.2』より、2019年12月25日に行われた中野サンプラザのライブの模様が、映像作品として10月14日にリリースされることが決定した。
本作は、6月にリリースされた同タイトルのライブCDの映像版となる。

今ツアーは本来、2020年2月に熊本でファイナルを迎える予定だったが、コロナ禍で急きょ開催を見合わせることとなり、いまだファイナルを迎えられていない。ファイナル公演が開催されるはずだった当日に、会場から無観客ライブが配信されたことは記憶に新しい。

『POPMAN’S CARNIVAL』は、通常のリリースを受けたツアーと違い、代表曲・定番曲はもちろん、あまりライブでは演奏されないレア曲まで、存分にアレンジを加えながら披露していくツアー。そのコンセプトどおりに、代表曲「奏(かなで)」「ガラナ」を筆頭に、映画『おっさんずラブ』主題歌としてヒットした「Revival」、最新曲「青春」、8月21日に公開となったディズニー&ピクサー最新作『2分の1の魔法』日本版エンドソングの「全力少年」など、新旧のヒット曲がアレンジを一新して披露された。