亀梨和也、映画『事故物件』の話題のシーンについてコメント!「寄ってくる要素はあるな、と思います」
拡大する(全1枚)
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
■映画『事故物件 恐い間取り』、“満員御霊お清め舞台挨拶”を実施!「だから今日は(原作者の)タニシさんが来ないんだなと思いました。来たら、(お清めの効果で)お仕事なくなっちゃいますもんね(笑)」(亀梨和也)

【画像】イベントでは日蓮宗寺院導師を迎え、お祓いも

映画『事故物件 恐い間取り』の満員満員御霊お清め舞台挨拶が本日9月9日に東京・丸の内ピカデリー1にて行われ、キャストの亀梨和也(KAT-TUN)、奈緒、瀬戸康史が登壇した。
『事故物件 恐い間取り』は、“事故物件住みます芸人”として活動する松原タニシのノンフィクション本『事故物件怪談 恐い間取り』を原作とするホラー作品。

この日のイベントは、映画の無事に公開を迎えることができ、週末の興行収入ランキングでは2週連続で1位を獲得するなど大ヒットを記録していることに感謝の気持ちを込めると同時に、撮影から宣伝期間の間で少なからず霊との交わりがあったであろうキャストに様々な方法でお清めを行い、さらなるヒットを目指すために実施されたもの。

巨大な盛り塩の出迎えを受け、登場した亀梨、奈緒、瀬戸。映画の大ヒットを受け、亀梨は「4軒目の事故物件に関していろいろな意見をもらって、“まさかああなるとは”“あそこめちゃくちゃ面白いね”“あそこめちゃくちゃ怖いね”という人もいました。ホラー好きの方も、ホラー苦手な方も、初めてホラーを観にいく人も、いろいろな角度があって、感想がある映画って面白いですよね」とコメント。