角川春樹、ユーミンに映画『みをつくし料理帖』主題歌を驚愕オファー!「“春よ、来い”を超える歌を作ってくれ」

角川春樹、ユーミンに映画『みをつくし料理帖』主題歌を驚愕オファー!「“春よ、来い”を超える歌を作ってくれ」
拡大する(全1枚)
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
松任谷由実、映画『みをつくし料理帖』公開記念イベントで名曲「守ってあげたい」の誕生秘話を告白!「角川(春樹)さんが声をかけてくれたからこそ」

【動画】映画『みをつくし料理帖』予告編

時代を創った男・角川春樹が、ベストセラー小説を原作に生涯最後のメガホンをとった映画『みをつくし料理帖』(10月16日公開)。10月12日に、有楽町朝日ホールで公開記念スペシャルイベントが行われ、主題歌「散りてなお」を作詞・作曲した松任谷由実と角川春樹監督が対談した。
映画『ねらわれた学園』『時をかける少女』の主題曲を歌い、『Wの悲劇』では薬師丸ひろ子に呉田軽穂名義で主題歌「Woman “W の悲劇”」を提供するなど角川映画とはゆかりの深い松任谷。今回は手嶌葵に主題曲「散りてなお」を提供している。

松任谷は角川監督との初タッグとなった『ねらわれた学園』での主題歌オファーを「大仕事が舞い込んだなと思った」と振り返り「薬師丸ひろ子さんは目力もあってパワーがある印象で、すぐに曲ができそうな気がした」と明かした。松任谷の歌う主題曲「守ってあげたい」は大ヒットとなったが「1976年に松任谷由実になって商業的に低迷していた時期。それが『守ってあげたい』で再ブレイク。再ブレイクは本当にエネルギーのいることですが、角川さんが声をかけてくれたからこそ。今があるのもそのときのおかげです」と感謝した。

今回の楽曲制作オファーについて松任谷は「角川さんから『春よ、来い』を超える歌を作ってくれと…。大変難しいお題でした」というも「作品全体の世界観を5分間にギュッと凝縮して、聴いたことがあるけれどまだどこにもないメロディを意識。それができたと思うし、必ずやたくさんの人に聴いてもらってカバーをしてもらいたい。私自身も早々とセルフカバーをしています」と会心の作に。角川監督には「この曲で泣かせます! と宣言をした」そうで、その角川監督は「泣きました!」とコメント。「これまでのユーミンの曲とは違う、異質な楽曲。歌詞も古典的。それに驚いた」と名曲誕生を確信していた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

松任谷由実のプロフィールを見る
M-ON! MUSICの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「松任谷由実」に関する記事

「松任谷由実」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「松任谷由実」の記事

次に読みたい「松任谷由実」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク