綾野剛出演、映画『ヤクザと家族 The Family』主題歌がmillennium paradeに決定!
拡大する(全1枚)
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
■「こんなに素晴らしい曲でこの映画を終われるなら、もう思い残すことはない」(藤井道人監督)「まさか自分の作った曲に泣かされる日が来るとは思ってもみなかった」(millennium parade/King Gnu・常田大希

【動画】映画『ヤクザと家族 The Family』予告編

日本アカデミー賞6冠に輝いた『新聞記者』のスタッフが再集結しあらたに描く、藤井道人監督作品、映画『ヤクザと家族 The Family』の主題歌を、millennium paradeが書き下ろし。映画の世界観を代弁する楽曲「FAMILIA」が予告編と共に初解禁された。
様々な問題をはらんだ「ヤクザ」というテーマを、1999年、2005年、2019年、変わりゆく3つの時代の価値観で切り取ることで、男たちの生きざまを描く本作。

少年期に柴咲組組長の危機を救ったことから、ヤクザの世界へ足を踏み入れた男・山本賢治役に今回初のヤクザ役となる綾野剛。綾野演じる身寄りのない孤独な少年・山本に手を差し伸べ、“家族”という居場所を与えた柴咲組組長・柴咲博を、ヤクザ役は43年ぶりとなる舘ひろしが演じる。

豪華キャスト陣が集結し、時間の流れの中で【家族・ファミリー】の存在が浮かび上がってくる壮大なクロニクル(年代記)が紡がれる。

主演を務める綾野が脚本を読み、

「映画を観終わったあとに、その世界を生きていない第三者の愛が、どう、この作品とお客様の懸け橋となってくれるのか、今自分たちが心の中に宿している静かなマグマを治癒してくれるのは、(常田)大希しかいなかった」