クリープハイプ、TikTokで自分たちの楽曲が使われることについてファンと徹底討論
拡大する(全1枚)
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
クリープハイプ、TikTokの「#秋の歌うま」投稿から優秀動画を選出!、「なんでこんなに(声を)楽に出せるんだろう」「この青春感には勝てない」(尾崎世界観

【画像】TikTok LIVEで生配信された特別番組の様子

ショートムービープラットフォーム「TikTok(ティックトック)」は、10月9日より「#秋の歌うま」チャレンジを開催。それにあわせてライブストリーミング機能であるTikTok LIVEで特別番組が生配信された。
「#秋の歌うま」チャレンジは、TikTokで季節ごとに開催される定番ハッシュタグチャレンジのひとつで、ユーザーが弾き語りやアカペラ歌唱のショート動画を投稿する人気企画。「#歌うま」投稿はいまや総再生数30億回越えの人気を誇るハッシュタグとなっている。

10月24日に放送されたTikTok LIVE番組『あのバンドもいい波に乗ってTikTokでバズった瞬間にあのバンドは終わった だってあたしのこの気持ちは絶対15秒に分割できないし』では、そんな「#歌うま」投稿などで楽曲が弾き語りカバーされているクリープハイプが、アンバサダーアーティストとして登場。クリープハイプの楽曲を歌ったユーザーの「#秋の歌うま」投稿動画の中から、メンバーが選んだ優秀動画と“一番クセが強い歌うま動画”を発表した。

ボーカル&ギターの尾崎世界観は「クセがある声なので、歌うまのアンバサダーが少し落ち着かない」と本音をこぼしながらも、メンバー自らが選んだ「栞」や10月9日に配信リリースされた新曲「モノマネ」のカバー動画を視聴し、「なんでこんなに(声を)楽に出せるんだろう」「この青春感には勝てない」などのコメントを寄せた。