“グラビアもできる演歌歌手”が『週刊プレイボーイ』最新号で、鮮烈ビキニグラビアを披露
拡大する(全1枚)
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
■「演歌歌手の望月琉叶(もちづき るか)とグラドルの望月琉叶、つまり今の私自身を表現している写真が撮れたと思います」(望月琉叶)

【画像】演歌の世界では、イメージ激変。望月琉叶「失恋慕情」ジャケット写真

今年7月22日にシングル「失恋慕情」でソロデビューを果たした演歌歌手・望月琉叶(もちづき るか)。デビューシングルの「失恋慕情」はオリコン週間演歌ランキング初登場1位(8月3日付)を記録。一躍、演歌・歌謡曲界の注目株に躍り出た。
そんな望月琉叶が、11月9日発売の雑誌『週刊プレイボーイ』のグラビアに初登場。水着グラビアが5ページ掲載されることになった。

撮影は9月17日に神奈川県・佐島にて行われ、篠田麻里子やアイドリング、私立恵比寿中学など数々のアイドルを撮ってきたカメラマン、LUCKMANによって撮影。「花鳥風月」をテーマに、和をイメージした水着で5ポーズを披露している。

望月は、「『週刊プレイボーイ』の撮影では、いろいろな水着を着て撮影させていただきました。特に和柄の着物と一緒に撮影できたことが、とても印象に残っています。演歌歌手の望月琉叶とグラドルの望月琉叶、つまり今の私自身を表現している写真が撮れたと思います」と語っている。

望月琉叶 コメント
『週刊プレイボーイ』の撮影では、いろいろな水着を着て撮影させていただきました。
特に和柄の着物と一緒に撮影できたことが、とても印象に残っています。演歌歌手の望月琉叶とグラドルの望月琉叶、つまり今の私自身を表現している写真が撮れたと思います。