大野雄二×常田真太郎(スキマスイッチ)×福耳「愛を歌う」MVティザー映像公開
拡大する(全1枚)
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
■「“今までたくさんの人が言ってきたメッセージを今あえて福耳で歌う”というシンプルかつ難解なテーマをいただいて、2週間ほど言葉を溜めてから一気にたたき台を書きました」(常田真太郎スキマスイッチ

【動画】大野雄二 × 常田真太郎 (スキマスイッチ) × 福耳「愛を歌う」MVティザー ※フル尺MVは11月25日(水)21時にプレミア公開

オフィスオーガスタ所属アーティストによるコラボレーション企画『Augusta HAND × HAND』(読み方:オーガスタ ハンドバイハンド)のリード曲となる、大野雄二(作曲) × スキマスイッチ・常田真太郎(作詞) × 福耳による「愛を歌う」のミュージックビデオを使ったティザー映像が公開された。
「愛を歌う」ミュージックビデオは、レコーディング風景を中心に構成されており、福耳メンバーがそれぞれ歌ったフレーズが繋がり、集まってひとつの楽曲を織り上げていく様子が描かれている。『Augusta HAND × HAND』プロジェクトのテーマである「ともに未来を、つながる手と手」を象徴するような内容に、コラボレーションアルバムへの期待も自ずと高まる。

「愛を歌う」は、11月25日に先行配信がスタート。同日21時からオフィスオーガスタの公式YouTubeチャンネルにて、フル尺のミュージックビデオがプレミア公開される。

■大野雄二 コメント
制作を始めた最初の頃は、自分のサウンドの中にどうやってオーガスタらしさを加えていくかを考えてとりかかったんだけど、これまでの福耳の楽曲や、各オーガスタアーティストたちの楽曲を研究していく中で、オーガスタらしさみたいなことは考えず、大野サウンド全開で作っていこうと決めたんだ。なぜなら、自分が大野サウンド全開で作ったものに福耳のみんなのあの歌声が加われば、自然とオーガスタらしさは出てくると思ったからね。それでこそ良いコラボレーションになると確信したんだ。