眞栄田郷敦×渡邉美穂(日向坂46)出演、新春ドラマ『星になりたかった君と』主題歌を“神はサイコロを振らない”が書き下ろし
拡大する(全1枚)
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
■「神サイの『夜永唄』という曲がすごく好きで、ドラマの台本を読んだときに、ぴったりじゃないかな、主題歌にならないかなと思っていたので、すごくうれしかったです」(眞栄田郷敦)

【動画】新春ドラマ『星になりたかった君と』PR映像

神はサイコロを振らない(通称、神サイ)が、2021年1月4日・5日と2夜連続で放送される日本テレビ新春ドラマ『星になりたかった君と』で主題歌を務めることが決定した。主題歌「クロノグラフ彗星」は、神はサイコロを振らないにとって初のドラマ主題歌となる。
『星になりたかった君と』は、第1回令和小説大賞で大賞を受賞した、遊歩新夢の『星になりたかった君と』が原案のラブストーリーで、今回、実写ドラマ化。人生につまずき迷い続ける秀星(しゅうせい)と、心臓病で入退院を繰り返し将来が見えない那沙(なさ)。星に魅せられたふたりの運命的な出会いから始まる物語だ。

ドラマ放送直後から、あらたなシーンを盛り込み、地上波放送版とは違った展開やエンディングが楽しめる、Huluオリジナルストーリー『星になりたかった君と~もうひとつの物語~』も配信されることも話題だ。

主人公・秀星を演じるのは、2019年に映画『小さな恋のうた』で俳優デビュー。続いてドラマ『ノーサイド・ゲーム』『私の家政夫ナギサさん』(ともにTBS)など話題のドラマでフレッシュな存在感を見せてきた眞栄田郷敦。本作で満を持して、地上波ドラマ初主演を果たす。ヒロイン役で、日向坂46の