嵐、活動休止前にミュージックステーションラスト出演も!日本を代表する音楽番組から見えた2020年の音楽シーン

嵐、活動休止前にミュージックステーションラスト出演も!日本を代表する音楽番組から見えた2020年の音楽シーン
拡大する(全1枚)
掲載:M-ON! MUSIC
知らない人はいないであろう音楽番組『ミュージックステーション』を、音楽ブロガー・レジーが定点観測する連載コラム『月刊 レジーのMステ定点観測』。

【動画】Mステ出演アーティストのMV

[前編]では『ウルトラSUPERLIVE 2020』の見どころについてお届けしましたが、[後編]ではいよいよフィナーレが近づいてきたこの人たちの話題からどうぞ。

●嵐:Mステは彼らをどう送り出したのか

いよいよ今年の大みそかで一旦その活動を終える嵐。12月11日のMステでは、2時間スペシャルのうちまる1時間を嵐スペシャルに充てるという特別待遇。そして12月25日の『ウルトラSUPERLIVE 2020』では3曲のメドレーを披露しました。

11日の放送では最新アルバム『This is 嵐』の収録曲「The Music Never Ends」でファンへの感謝を伝え、25日のメドレーでは「Whenever You Call」「迷宮ラブソング」「Bittersweet」という超代表曲ではないものの彼らのポップグループとしての側面がよく伝わる曲をそろえるというトータルで見ればバランスの良い構成になった12月の嵐フィーチャーですが、11日はせっかく1時間とっているのにやたらとVTR企画が多くて歌う時間が圧縮されていたり、25日は“Mステラスト出演”と盛り上げておきながら実は番組全体の大トリではなかったためなんとも中途半端な幕切れになっていたりと、随所に違和感も目立ちました。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

M-ON! MUSICの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク