成田凌主演、松居大悟監督最新作『くれなずめ』主題歌をウルフルズが書き下ろし! 予告映像、ポスタービジュアルも公開
拡大する(全1枚)
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
■「松居監督と2人で“やっぱ主題歌はウルフルズさんがいいよね” “バカなふりして聞いてみたらどうですか?”なんて話していました」(成田凌)

【動画】映画『くれなずめ』予告映像

ドラマ『バイプレイヤーズ』シリーズや、映画『アズミ・ハルコは行方不明』 『アイスと雨音』など、多岐にわたる活躍を見せている松居大悟監督が、成田凌を筆頭に個性派かつ実力派の俳優たちを迎えた映画『くれなずめ』。
このたび、本作の公開日が4月29日に決定、さらにポスタービジュアルと予告映像、ウルフルズが本作のために書き下ろした主題歌があわせて解禁された。

高校時代、帰宅部でつるんでいた6人の仲間たちが、友人の結婚披露宴で余興(赤フンダンス!)をやるべく5年ぶりに集まった。久しぶりに出会った彼らは、その余興のあと、“披露宴”と“二次会”の間の妙に長い“狭間”の時間を持て余しながら、昔の思い出に想いを馳せる。「しかし吉尾、お前ほんとに変わんねぇよな。なんでそんなに変わんねぇの? まあいいか、そんなのどうでも」。そう、ぼくたちは認めなかった。友人がある日突然、死んでしまったことを――。

この微妙な“狭間”の時間に起こる出来事は見るものの予想を超えていく。

かつて、松居監督自身の実体験をモチーフに書かれた完全オリジナルの舞台劇を、そうそうたるメンバーと共に映画化。先日放送が開始されたNHK連続テレビ小説『おちょやん』でもメインキャストとして出演する気鋭の演技派俳優らを含め、個性的かつ実力派の豪華俳優が勢揃いした。