GENERATIONS、ダンスを忘れる。「なんだっけ……なんだっけ!!」(佐野玲於)
拡大する(全1枚)
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
■“ペット化”した数原龍友&白濱亜嵐&小森隼に、他のGENERATIONSメンバーが、躾(しつけ)!

【画像】ペット化した白濱亜嵐

ABEMA「ABEMA SPECIALチャンネル」にて、レギュラー番組『GENERATIONS高校TV』が、2月7日21時から配信された。
前回に引き続き体験学習型企画「催眠術科」の講師として、日本初の催眠術系YouTuberとして活躍する若き天才催眠術師のDaiが登場。今回は、痛覚や味覚を完全にコントロールされてしまったGENERATIONSのメンバーたちが、足つぼマットの上をジャンプしたり激辛わさびを大量に食べるなど、思わず「ウソでしょ!?」と思ってしまうほど催眠に翻弄される様子が届けられた。

はじめに、足つぼマットに乗っても痛みを感じなくなる催眠術に挑戦することになった白濱亜嵐は、「足つぼマットはダメなんだよね……」と話しながら、まずは催眠術がかけられていない状態で、どのぐらい痛みを感じるのかを実証するためマットの上を歩いてみることに。すると、少し歩いただけでも「痛い痛い痛い……!」を連発する白濱に面白くなってきたメンバーたちは、次に「ジャンプして」と要求。すると、これを素直に受け入れた白濱が、ジャンプするなり、あまりの激痛に顔を歪ませながらうずくまり、スタジオでは笑いが巻き起こった。

その後、Daiから「皮膚の感覚が超鈍感になっている」という催眠術をかけられると、何度ジャンプしてもまったく痛みを感じない自分の足に驚く白濱は「大丈夫です!」と感想を語った。しかし、そんな白濱だったが、催眠術が解かれてしまった際には思わず転げ落ち「いてぇー!! 蓄積ヤバイ……!」と悶絶。スタジオは大爆笑となった。