成田凌が、マジで高校生にしか見えない! 映画『くれなずめ』より、見どころ満載の場面写真一挙公開
拡大する(全1枚)
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
■「ずっと気になってたんだけど、もしかして俺ってさ……」。笑いとヤセ我慢と切なさが同居した、青春の残りカスが心に刺さる、松居大悟監督最新作『くれなずめ』は4月29日公開!

【画像】主人公の高校生時代を演じる、かわいすぎる成田凌

ドラマ『バイプレイヤーズ』シリーズや映画『アズミ・ハルコは行方不明』 『アイスと雨音』など、多岐にわたる活躍を見せている松居大悟監督が、成田凌を筆頭に個性派かつ実力派の俳優たちを迎えた話題の映画『くれなずめ』。
このたび、5年ぶりに友人の結婚式で再結集したアラサー男子6人たちの、楽しい記憶ばかりではないけれど、でも、絶対に忘れたくない貴重な瞬間を切り取ったシーン写真7点が解禁された。

高校時代、帰宅部でつるんでいた6人の仲間たちが、友人の結婚披露宴で余興(赤フンダンス!)をやるべく5年ぶりに集まった。久しぶりに出会った彼らは、その余興のあと、“披露宴”と“二次会”の間の妙に長い“狭間”の時間を持て余しながら、昔の思い出に想いを馳せる。

「しかし吉尾(成田凌)、お前ほんとに変わんねぇよな。なんでそんなに変わんねぇの? まあいいか、そんなのどうでも」。そう、ぼくたちは認めなかった。友人がある日突然、死んでしまったことを――。この微妙な“狭間”の時間に起こる出来事は、観る者の予想を超えていく。

松居監督自身のかつての実体験をモチーフに書かれた、完全オリジナルの舞台劇を、そうそうたるメンバーと共に映画化。先日放送が開始されたNHK連続テレビ小説『おちょやん』でもメインキャストとして出演する気鋭の演技派俳優らをはじめ、個性的かつ実力派の豪華俳優が勢ぞろいした。