GENERATIONSの愛溢れる“褒めラップバトル”に視聴者歓喜!「GENEしか勝たん」「永遠に見れる」
拡大する(全1枚)
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
GENERATIONS関口メンディー、「韻を踏んでみたい!」と“カメラ”というお題に挑戦するも、「アベマ」のひと言で撃沈(笑)

【画像】メンバーからの“褒め殺しラップ”に、満面の笑みの白濱亜嵐

GENERATIONS from EXILE TRIBEが出演するABEMAのレギュラー番組『GENERATIONS高校TV』が、2月21日21時から配信された。
本放送回では、体験学習型企画「フリースタイルラップ科」を実施。ラップブームの火付け役として若者から絶大な人気を誇るMCバトル番組『フリースタイルダンジョン』に登場したことをきっかけに、その名を轟かせた実力派人気ラッパー、DOTAMAを講師に迎え、GENERATIONSのメンバーたちが様々なお題でフリースタイルラップに挑戦した。

冒頭、おなじみのスーツ姿で登場したDOTAMAが自己紹介ラップでメンバーたちの関心を誘うと、スタジオは早くも興奮の渦に。そして質問タイムが始まり、進行を務める小森隼が「フリースタイルをやると決めたのは?」と質問すると、DOTAMAは「やりだしたのは10代の頃です。MCバトルの即興でラップをしてスキルを磨き合うというのは、簡単に手っ取り早く言うと“売名”。若手がのし上がる登竜門というか……。それが、僕が10代の頃も盛り上がっていたので『名前を売るためにとにかくやってみよう!』という思いで始めました」と赤裸々にコメントした。