ちゃんみな、新曲「美人」MV公開。10kg以上増量(!)して撮影された回想シーン、高嶋政宏の怪演など衝撃シーン満載!
拡大する(全1枚)
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
ちゃんみな、和の世界で“女帝”に! しかし、そこには衝撃のエンディングが待っていた……!

【動画】ちゃんみな「美人」ミュージックビデオ

日本語・韓国語・英語を巧みに操るトリリンガルラッパー/シンガー、ちゃんみなの3rdシングルのリード曲「美人」が、3月19日に先行配信スタート。本楽曲の先行配信とともに、ミュージックビデオがYouTubeにて公開された。
「美人」は、現代の“美の概念”に対してちゃんみなが感じた疑問や違和感を、アイロニックなリリックで綴ったHIP HOPチューン。プロデュースは「Angel」や「Never Grow Up」などを手がけるRyosuke “Dr.R” Sakaiが担当した。

ミュージックビデオでは、和を基調とした世界観で、ちゃんみなが“美”を支配する女帝として君臨。この世界の中では独自の“美の概念”が定められ、その概念は“美の鑑定人”によって厳しく律されている。そこである出来事が起こり、彼女の世界が一変するというストーリーだ。

“美の鑑定人”役として登場するのは、俳優の高嶋政宏。これは高嶋が、ちゃんみなのファンを公言しており、プライベートでもライブに来場するなどの交流から、ちゃんみなによるラブコールで出演が実現した。
※「高嶋政宏」の「高」は、はしごだかが正式表記。

ミュージックビデオでは“美の概念”に反した者へ罰が下される場面や、楽曲の完成までにアルバムを作れるほど多くの曲を作ったというなかで、ミュージックビデオも様々に構想され、10kg以上増量して撮影された回想シーンなど、インパクトのある映像が満載。女帝であるちゃんみなが“美の概念”に囚われてしまい、天井から吊るされた縄に首をかける衝撃のラストシーンも必見だ。