番組プロデューサーを直撃して聞いた、『ミュージックステーション』が本当にやりたいこと

番組プロデューサーを直撃して聞いた、『ミュージックステーション』が本当にやりたいこと
拡大する(全1枚)
掲載:M-ON! MUSIC
知らない人はいないであろう音楽番組『ミュージックステーション』を定点観測してきた当連載コラム。最終回を迎えるにあたって、「中の人に話を聞いてみたいですね」とダメ元でオファーをしてみたら、(まさかの)快諾をいただきました。

日本の音楽界に影響をおよぼす存在であるこの番組はいかにして作られ、それを作る人たちは何を考えているのだろうか。テレビ朝日の『ミュージックステーション』プロデューサー・利根川広毅氏に、音楽ブロガー・レジーが話を聞いた。

利根川広毅/とねがわひろき
1977年生まれ。フリーランスとして数々の音楽番組の演出を務め、2013年に日本テレビ入社し、『LIVE MONSTER』『バズリズム』『THE MUSIC DAY』『ベストアーティスト』などを担当。2018年9月にテレビ朝日に入社。現在は『ミュージックステーション』『関ジャム 完全燃SHOW』のプロデューサーを務めている。

■実は“正解”はわかっている、だけど……

──これまで7年近くMステについて外から好き勝手書かせていただいてきたので、今日はプロデューサーの方から直々にダメ出しされるんじゃないかと冷や冷やしているのですが……(笑)。

利根川 いえ、なんなりと聞いてください(笑)。ただ、レジーさんの考えていることと根幹は一緒の部分もあるので、そういったこともお話しできればと思っています。

──よろしくお願いします。まずは基本情報として、利根川さんは日本テレビを中心に様々な音楽番組に関わったうえで、2018年9月からテレビ朝日でMステを担当されています。今のMステの番組制作において、利根川さんはどういった役割を担っているのでしょうか。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

M-ON! MUSICの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク