GLAY、“エンターテイメントの逆襲” 第1弾はTAKUROプロデュース! テーマは「ギターロックバンドとしてのGLAY」
拡大する(全1枚)
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
■TAKUROプロデュースライブは、GLAY史上、例を見ないほどのアッパーなナンバーだけで構成された内容に!

【画像】この日のライブをプロデュースしたTAKURO

デビュー25周年を経て、2021年コロナ禍に打ち出したGLAYのテーマは「エンターテイメントの逆襲」。2020年はデビュー25周年の締め括りとしてドームツアーを行う予定であったが、くしくも断念。その期間、自分たちの音楽と向き合ったGLAYが見出した想いが「エンターテイメントの逆襲」だった。
自分たちの活動は不要不急なのか? その答えは禅問答の如くかもしれないが、今GLAYのできることをすべてやると決めて打ち出して実施したのが今回の配信ライブである。かねてより企画していた、メンバーそれぞれが手がけた楽曲のみで構成するメンバープロデュースライブを4ヵ月連続実施と打ち出し、そのトップバッターをリーダーであり、メインコンポーザーであるTAKUROが務めた。

数々の名曲を生み出してきたTAKUROが打ち出したテーマは「ギターロックバンドとしてのGLAY」。感じるままにスカッとするROCKな楽曲のみで構成されたライブであった。

会場は舞浜アンフィシアター。SEでは「この世に光を灯す」といったメッセージと共にアニメーションが映し出され、円形ステージからメンバー4人が同時に登場する。その姿だけで物語れる「THIS IS J-ROCK」感。四半世紀を駆け抜けてきた彼らだからこそ立ち姿で語れる雰囲気である。