GENERATIONS、コロナ禍における学生たちの壮絶な1年間に言葉詰まらせる
拡大する(全1枚)
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
GENERATIONS、名門吹奏楽部の演奏による「雨のち晴れ」を絶賛!「自然と笑顔になるような素晴らしい演奏」(片寄涼太)「逆に自分らが元気をもらいました」(白濱亜嵐)

【画像】高校生の吹奏楽演奏を賞賛する、白濱亜嵐

GENERATIONS from EXILE TRIBEが出演するABEMAのレギュラー番組『GENERATIONS高校TV』(毎週日曜 21時~)。3月28日は、特別企画として『GENE高特別編★歌のプレゼントもあるよ!卒業おめでとうSP』が配信された。
この日は、いろいろな行事が自粛され、悔しい想いをした全国の高校生から事前に集められたリアルな言葉とともに、メンバーたちが高校生たちの1年間を振り返る“年表トーク”を実施。

さらに、吹奏楽の全国大会常連で、全国各地から吹奏楽をやるため生徒が集まってくるという名門校・東海大学付属高輪台高等学校の吹奏楽部とサプライズで中継を繋ぎ、メンバーたちが見守るなか、生徒たちがGENERATIONSの「雨のち晴れ」を披露した。

■GENERATIONS、コロナ禍における学生たちの壮絶な1年間に言葉詰まらせる
はじめに、年表をもとにコロナ禍の中で自粛された学校行事や、変わってしまった日常生活について振り返ると、その後、GENERATIONSのメンバーたちは全国の高校生から番組に寄せられた、学校生活がどれくらい大変だったのかというリアルな声を紹介。