映画『キャラクター』より、殺人鬼役のセカオワ・Fukaseが自ら描き上げた狂気の油絵画像公開

映画『キャラクター』より、殺人鬼役のセカオワ・Fukaseが自ら描き上げた狂気の油絵画像公開
拡大する(全1枚)
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
■「両角(もろずみ)が持っている凶悪さ、気持ち悪さ、不気味さ、そして少しだけある人懐っこい雰囲気が表現できたと感じています」(SEKAI NO OWARI・Fukase)

【動画】映画『キャラクター』特報ロングバージョン

映画『キャラクター』より、Fukase出演シーンの場面写真が公開された。
もしも売れない漫画家が、殺人犯の顔を見てしまったら?
しかも、その顔を“キャラクター”化して漫画を描いて売れてしまったとしたら??

そんなアイデアを基軸に、登場人物(キャラクター)それぞれが幾重にも交錯する物語を描いたダークエンターテインメント映画『キャラクター』。『20世紀少年』『MASTERキートン』をはじめ、浦沢直樹作品を数多く手がけてきたストーリー共同制作者・長崎尚志が10年の歳月をかけて、練りに練り上げた企画が、ついに実写映画としてそのベールを脱ぐ!

スケッチに向かった先で、一家殺人現場に遭遇し犯人を目撃してしまう主人公・山城圭吾(やましろけいご)を演じるのは、第41回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を始めとする各映画賞を総なめにし、若手屈指の演技派俳優として活躍が目覚しい菅田将暉。お人好しな性格ゆえに、人の悪を描けず苦悩する、才能のない漫画家が、殺人事件の犯人と出会ったことで運命に翻弄されていく姿を、確かな演技力で繊細に演じる。

そして山城と出会い、運命を狂わす天才的な殺人鬼・両角(モロズミ)を演じるのは、本作が俳優デビューとなるSEKAI NO OWARIのボーカル、Fukase。今年、メジャーデビュー10周年のアニバーサリーを迎えたSEKAI NO OWARI。アーティストとして多くの人を魅了してきた彼が、俳優として、すべてが謎に包まれた両角を、独特の存在感と美しさで熱演している。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

M-ON! MUSICの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク