白濱亜嵐主演ドラマ『泣くな研修医』撮影現場に、コスプレしたGENERATIONSメンバーが乱入! 女優・木南晴夏も大爆笑
拡大する(全1枚)
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
■話題の書道アーティストが、GENERATIONS数原龍友の“書道アート”を絶賛!「これヤバくないですか!? ちょっとびっくりしてます。飾っちゃってもおかしくない」

【画像】先生が絶賛した数原龍友による書道アート。タイトルは「JAWS」

レギュラー番組『GENERATIONS高校TV』が、ABEMA「ABEMA SPECIALチャンネル」にて、5月9日21時から放送された。
本放送回では、GENERATIONSのリーダーで、俳優としても活躍する白濱亜嵐が現在主演しているドラマ『泣くな研修医』とのコラボレーション企画第2弾として、前回の放送で見事ドラマの出演権を獲得した関口メンディーによる、貴重な出演シーンの裏側が届けられた。

冒頭、スタッフの呼び込みのもとメンディーが登場すると、今回の役どころである清掃員姿で登場したメンディーに、白濱は「なんだよ、めっちゃ似合うじゃん!」と大絶賛。しかしそれも束の間、続けてオーディション時のコスプレ衣装のまま“現場を手伝うスタッフ”として登場したメンバーたちに、何も知らされていなかった白濱は「は!? ちょっと待ってちょっと待って……! どういうこと!? メンディーくんだけじゃないの!?」と大困惑。そして、大人気アニメ『呪術廻戦』に出てくる五条悟や、龍玄としなどに扮したメンバーが続々と登場すると、その場にいたスタッフたちは大爆笑となった。

そして、女優・木南晴夏も笑いを堪え切れず爆笑してしまうなか、リハーサルが行われると、助監督を務める筋肉巨人の全身タイツに身を包んだ数原龍友は、メンディーと白濱が衝突し転んでしまう位置に自ら「こけるところ、バミったほうがいいかな?」と言いながら、「こけるの大体この辺ですか?」と率先して作業をお手伝い。そんな数原に、白濱も「バミリありがとう」と感謝を伝えると、数原はその後も本物の助監督からの指示のもと、スタートの合図を出したり演者の代わりに立ち位置を確認する“スタンドイン”などのお手伝いに奔走した。