美人プロボウラーがGENERATIONS・小森隼の“助走2歩”投球にびっくり。「なかなか2歩の方はいないです(笑)」
拡大する(全1枚)
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
■大暴投を連発するGENERATIONSメンバーたちは、短いレッスンの中で、念願の「3人連続ストライク」を成功させることができるのか!?

【画像】美人女子プロボウラー、本間成美さん

ABEMA「ABEMA SPECIALチャンネル」にて、レギュラー番組『GENERATIONS高校TV』が6月13日21時から放送される。
本放送回では、数原龍友の持ち込み企画として、女子プロボウラーの本間成美さんを講師に迎えた体験学習型企画「ボウリング科」を実施。オープニングトークでは、これまで本番組で過去3回にわたって行われた「ボウリング3人連続ストライク」のVTRを紹介。そして、いつも2連続目までは成功するものの、最後の3連続目でチャレンジ失敗に終わってきた本チャレンジについて数原が「いつも惜しいところで終わるのが悔しすぎたのでリベンジしたい!」と闘志をみなぎらせる。

そして本間プロが登場すると、実は1度会ったことがあるという数原は、「本間プロからいろいろ話を聞いていたら、聞いているだけで上達した気分になった。『これイケるんじゃないか?』って。講師としてGENEにレクチャーしていただいたら、もしかして、『7連続イケるんじゃないか?』と思ったのでオファーさせていただきました」と、今回助っ人として本間プロを呼んだ経緯を説明した。

その後、数原も絶賛する実力の持ち主である本間プロが、メンバーたちの実力チェックを行うと、1番手の小森隼は、まさかの助走2歩でボール投球し、すぐさまガターに。そんな小森に対し、驚きが隠せない本間プロが思わず「2歩しか歩かないのでびっくりしました……」とコメントすると、困惑した様子の小森は「これって歩数関係あるんですか?」と質問。これを受け、少し拍子抜けしたような表情の本間プロが、「なかなか2歩の方はいないです(笑)。ちょっと特別です」と返答し、現場は早くも笑いの渦に。