メンバー3人が卒業! ザ・コインロッカーズ、笑顔と涙が交錯した13人体制ラストのライブが大盛況で幕
拡大する(全1枚)
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
■ザ・コインロッカーズから、宇都宮未来&成澤愛実&Яuuが卒業!

【画像】本公演をもって、宇都宮未来(Vo)、成澤愛実(Ds)、Яuu(Ba)の3名がバンドを卒業(※写真は宇都宮)

13人編成のガールズバンド、ザ・コインロッカーズが、6月11日、東京・新宿BLAZEにてワンマンライブ『青春LOCKER2021 ~青春とバンドは、楽しくてメンドクサイ~』を開催。本公演をもって、宇都宮未来(Vo)、成澤愛実(Ds)、Яuu(Ba)の3名がバンドを卒業した。
2018年12月23日に“楽曲ごとにメンバーを選抜する”新しいガールズバンドプロジェクトとして結成されたザ・コインロッカーズ(通称:コイロカ)は、2019年末に大幅なリニューアルを発表。結成1周年を記念したZepp Tokyoでのワンマンライブを機に13人編成の新体制としての活動をスタートさせ、2021年3月には1stアルバム『青春とバンドは、楽しくてメンドクサイ』をリリース。

13人体制で最後となるライブは、彼女たちの始まりの曲であるデビューシングル「憂鬱な空が好きなんだ」で勢いよく幕を開け、ヒャダインが作詞を手がけたサマーチューン「夢がない僕が夢をみたんだ」では、下島輝星とHANNAがステージのセンターで豪快なギターまわしを成功させ、フロアからは大きな拍手が湧き起こった。

最初のMCでは、キーボードの有働優菜やエレキギターの絹本夏海、キャプテンでドラムの松本璃奈が「1曲目からすでに泣いていた」ことが宇都宮の口から明かされると、一部のメンバーはいったん退場し、楽曲ごとに様々なバンド編成でのパフォーマンスを展開。船井美玖の情感豊かなボーカルに、絹本とEmilyが加わるフォークロック「月はどこへ行った?」や「その日」では松本がベースを弾き、「孤独でいることに慣れてしまった」ではベース&ボーカルを担当。孤独と引き換えに得た自由を切々と歌いあげて、明るい青春感を湛えた船井&宇都宮のツインボーカルとは異なる、張り詰めた空気を醸し出した。