ソニー、熊本テクノロジーセンターで量産に向けた準備を行っていた外販向けの高機能カメラモジュールの開発・製造を中止

ソニー、熊本テクノロジーセンターで量産に向けた準備を行っていた外販向けの高機能カメラモジュールの開発・製造を中止

ソニーが、2016年度見通しとした「2016年度連結業績見通しのお知らせ」を発表しています。

その中で、2016年度は、熊本地震による悪影響、一部のカメラモジュールの開発・製造の中止にともなう費用の発生、為替の悪影響などにより、損失拡大を見込んでいると説明しています。

また、熊本テクノロジーセンターで量産に向けた準備を行っていた外販向けの高機能カメラモジュールについて、長期的観点から事業方針の再検討を行った結果、その開発・製造の中止を決定しました。これにより、約300億円の費用の発生を見込んでいるそうです。

「ソニー、熊本テクノロジーセンターで量産に向けた準備を行っていた外販向けの高機能カメラモジュールの開発・製造を中止」の続きを読む

あわせて読みたい

MAC お宝鑑定団 blog(羅針盤)の記事をもっと見る 2016年5月24日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。