iFixit:iOS 11.3で非正規ディスプレイに交換したiPhone 8/8 Plusのタッチ操作が一切行えなくなる不具合はバグの可能性があると指摘

iFixit:iOS 11.3で非正規ディスプレイに交換したiPhone 8/8 Plusのタッチ操作が一切行えなくなる不具合はバグの可能性があると指摘

iFixitが、iOS 11.3で非正規ディスプレイに交換したiPhone 8、iPhone 8 Plusのタッチ操作が一切行えなくなる不具合はバグの可能性があると指摘しています。

iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plusで、それぞれ同じ製品からディスプレイ部品を移植した場合、自動明るさ調整とTrue Tone機能が効かなくなるそうです。

以前Touch IDが効かなくなる「エラー 53」もバグだったことが判明し、後にアップデートで対応したり、iOS 11.0.3で「Apple純正部品を使って修理されなかったため、一部のiPhone 6sで画面がタッチ入力に反応しない問題に対応」した過去があることから、絶対とは言えないとしながらも、アップデートで対応すると考えられるそうです。

また、バッテリーの状態(ベータ)は、非正規修理で、サードパーティ製バッテリーを使用してる場合、正しく健康状態を認識することが出来ないとも報告しています。

あわせて読みたい

MAC お宝鑑定団 blog(羅針盤)の記事をもっと見る 2018年4月17日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。