Apple、公正取引委員会から独占禁止法違反に抵触するとの指摘を受け、大手携帯電話3社との契約を見直す方針

Apple、公正取引委員会から独占禁止法違反に抵触するとの指摘を受け、大手携帯電話3社との契約を見直す方針

朝日新聞が、Appleは公正取引委員会から、大手携帯電話3社との契約内容に関して、独占禁止法違反に抵触するとの指摘を受けたことで改善する方針を決め、今後は各社と具体的な見直し内容を調整する模様だと伝えています。

Appleは、iPhoneの仕入れ価格から一定額を値引いて利用者に販売するよう求めていた契約条項で、3社が端末料金を値引きしない代わりに、長期間利用すれば割安になるなどのプランをつくっても、iPhoneだとこうしたプランでの販売が難しい状況が変わる可能性が出るそうです。

「Apple、公正取引委員会から独占禁止法違反に抵触するとの指摘を受け、大手携帯電話3社との契約を見直す方針」の続きを読む

あわせて読みたい

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。