Appleが、2022年5月をもって、iCloudの書類とデータ (従来の書類同期サービス) をサービスを終了すると案内しています。

完全に iCloud Drive に移行する予定で、iCloud の書類とデータを利用するアカウントは、サービス終了日以降は iCloud Drive に移行されます。



iCloud の書類とデータサービスをご利用の場合は、手順にそって iCloud Drive を有効にしておかないと、ファイルを見ることができなくなります。

iCloud Drive にアップグレードしても、保存してあるファイルが消費する iCloud ストレージの容量は変わりません。