キヤノン、APS-Cハイエンドミラーレスカメラ「EOS R7」を発表
拡大する(全1枚)

キヤノンが、RFマウントを採用する「EOS Rシステム」のAPS-Cハイエンドモデルカメラとして、新開発の有効画素数最大約3250万画素APS-CサイズCMOSセンサー搭載のミラーレスカメラ「EOS R7」を2022年6月下旬に発売すると発表しています。

映像エンジン「DIGIC X」により、APS-CサイズCMOSセンサー搭載のEOS史上最高解像性能を実現しています。

また、7Kオーバーサンプリングによる高画質な4K動画撮影を実現し、「Canon Log 3」に対応するなど、画質にこだわる動画クリエイターのニーズに応えます。

「キヤノン、APS-Cハイエンドミラーレスカメラ「EOS R7」を発表」の続きを読む