Apple Store、外国人旅行者等の非居住者に対する消費税免税購入対応を終了
拡大する(全1枚)

Apple Storeは、2022年6月21日より、非居住者に対する消費税免税購入対応を終了しています。

これまで、Apple Storeは、外国人旅行者等の非居住者に対して特定の物品を一定の方法で販売する場合に、消費税を免除して販売できる店舗として営業していました。

今回の変更は、転売対策のためなのかもしれません。