Appleが、マサチューセッツ工科大学のスチュアート・マドニック教授が実施した独自の調査結果を発表しています。

この調査結果によると、データ漏洩が世界的に流行し、消費者の機密データや個人データを脅かしているという明確かつ説得力のある証拠が見つかったと報告しています。

データ漏洩の総数は2013年から2022年の間に3倍以上に増加し、過去2年間だけで26億件の個人記録が流出したそうです。

この調査結果は、エンド・ツー・エンドの暗号化のようなクラウドにおけるデータ漏洩に対する強力な保護が、昨年の報告書と「iCloud の高度なデータ保護」の発表以来、ますます不可欠になっていることを強調しています。

今年の調査「The Continued Threat to Personal Data: Key Factors Behind the 2023 Increase」では、昨年のレポート「The Rising Threat to Consumer Data in the Cloud」で示されたように、すでに歴史的なレベルに達していた脅威が引き続き増加していることを示しています。