「イッテQ!」:日テレがやらせ否定 「現地会社が提案」

「イッテQ!」:日テレがやらせ否定 「現地会社が提案」
5月20日放送の日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」の一場面。宮川大輔さん(中央)がラオスの「橋祭り」に挑戦している場面

 日本テレビは8日、バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」(日曜午後7時58分)の企画内でやらせの疑いがあったと同日発売の週刊文春が報じたことについて、「現地コーディネート会社からの提案を受け成立した」などと疑惑を否定するコメントを発表した。今後も予定通り番組は放送するという。

 問題とされたのは、お笑い芸人の宮川大輔さんが海外の祭りに実際に参加する人気企画。日テレは、水面に渡した板の上を自転車で渡る、ラオスの「橋祭り」に挑戦した模様を5月20日に放送した。週刊文春は「『橋祭り』なんて聞いたことがない」「日本側がセットを考えた」などの現地関係者らの証言を紹介。参加者に高額の「協力費」が渡っていたと伝えた。

 日テレは、今回の企画は現地コーディネート会社からの提案を受け成立したと説明。番組側が企画したり、セットなどを設置したりしたことはなく、賞金を渡した事実もないと反論した。一方で、祭りはラオスの村単位で開催されていると説明を受け、過去の開催実績を確認しなかった結果、今回の会場で初開催だった橋祭りを毎年開かれているように紹介したことは認めた。祭りの企画は「誤解を招くことがない形で」放送を続けるとした。

 これに対し、週刊文春は「記事で報じた通り」とコメントした。

 「イッテQ!」は2007年2月に放送を開始。平均視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)が20%を超えることもある看板番組の一つ。【屋代尚則、井上知大】

過去に一度も開かれていなければうそ

 元日本テレビディレクターの水島宏明・上智大教授(ジャーナリズム論)の話 橋祭りが、過去にもラオスで開かれていた事実があったのか、これでは答えたことにならない。過去に一度も開かれたことがなければ「ラオスの橋祭り」はうそということになる。詳しく検証すべきだ。

あわせて読みたい

記事提供社から

「「イッテQ!」:日テレがやらせ否定 「現地会社が提案」」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    ドキュメンタリーじゃあるまいし なぜバラエティでやらせがダメなのか。

    4
  • 匿名さん 通報

    現地会社が提案、それが「ヤラセ」って言うんです。

    3
  • 匿名さん 通報

    確か宮川大輔もあのボールを回すのがグダグダで”本当にいいのか”みたいなことを言ってたし、他の祭りは事前練習が本番そのままのでしてないのに、これだけは本番そのものだったから妙だと思った。

    0
この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。