都心で初雪 平年より9日遅く

都心で初雪 平年より9日遅く
小雪が舞うなか、街を歩く買い物客ら=JR新宿駅前で2019年1月12日午前11時37分、長谷川直亮撮影

 12日午前10時40分ごろ、東京都心で初雪が降った。気象庁によると、平年より9日、昨冬より12日遅い。関東南部に気圧の谷があり、雲が広がったため。この日の都心の最低気温は2.7度(午前1時26分)だった。

 13日午前6時までの24時間の予想降雪量は多い所で神奈川県西部の山地8センチ、甲信5センチ、多摩や秩父地方3センチ、関東北部の山沿い3センチ、関東の平野部1センチ。【森健太郎】

あわせて読みたい

気になるキーワード

毎日新聞社の記事をもっと見る 2019年1月12日の社会記事

次に読みたい関連記事「天気」のニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュースをもっと見る

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。