クジラ? 港に尾びれや背びれ見せる海洋生物出現 北九州

クジラ? 港に尾びれや背びれ見せる海洋生物出現 北九州
漁港に出現した海洋生物=北九州市小倉北区で2019年6月13日午前9時4分、津島史人撮影

 北九州市小倉北区の市街地に近い板櫃(いたびつ)川河口近くの小倉港日明(ひあがり)泊地に、体長4~6メートルの海洋生物が泳いでいるのが見つかった。水族館「マリンワールド海の中道」(福岡市)によると、背びれの形などからクジラの一種の「コビレゴンドウ」ではないかという。外洋から迷い込んだとみられる。

 市によると、漁船の乗組員から12日午前7時ごろに連絡があり、第7管区海上保安本部も確認した。

 一夜明けた13日も漁船などの近くを泳ぎ、海面から尾びれや背びれを見せる様子を通りかかった市民らが興味深そうに見守っている。【津島史人】

あわせて読みたい

毎日新聞社の記事をもっと見る 2019年6月13日の社会記事

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。