ノーベル化学賞受賞の吉野氏「めでたく受賞しました」

記事まとめ

  • ノーベル化学賞が吉野彰名誉フェローら3氏に授与される。
  • 携帯電話やパソコンなどで繰り返し使えるリチウムイオン電池を開発。
  • 同氏は「めでたく受賞しました」と興奮した表情で喜びを語った。

「めでたく受賞しました」 ノーベル化学賞受賞の吉野さん 興奮した表情

「めでたく受賞しました」 ノーベル化学賞受賞の吉野さん 興奮した表情
ノーベル化学賞の受賞が決まり、花束を手に笑顔を見せる吉野彰旭化成名誉フェロー=東京都千代田区の旭化成東京本社で2019年10月9日午後7時23分、手塚耕一郎撮影

 スウェーデン王立科学アカデミーは9日、2019年のノーベル化学賞を、旭化成の吉野彰名誉フェロー(71)▽米テキサス大のジョン・グッドイナフ教授(97)▽米ニューヨーク州立大のスタンリー・ウィッティンガム特別教授(77)――の3氏に授与すると発表した。携帯電話やパソコンなどで充電して繰り返し使えるリチウムイオン電池を開発したことが評価された。

 王立科学アカデミーは授賞理由を「リチウムイオン電池はあらゆる物に使われており、私たちの生活に革命を与えた。太陽光や風力から多くのエネルギーを蓄えることができ、化石燃料のない社会の基盤を築いた」と説明している。グッドイナフ氏は最高齢のノーベル賞受賞者となる。

 吉野氏は発表直後の午後6時50分、東京都千代田区の旭化成東京本社で取材陣の前に現れ、「19年のノーベル化学賞をめでたく受賞しました」と興奮した表情で喜びを語った。

 ウィッティンガム氏は1970年代に、電池の「正極」(プラス極)の基礎となる材料を開発し、グッドイナフ氏は80年に異なる材料を用いて正極を改良した。

 旭化成の研究員だった吉野氏は85年、未解決だった「負極」(マイナス極)にリチウムイオンをためることができる炭素素材を採用し、商業生産が可能なリチウムイオン電池を初めて作り上げた。

 これらの成果によりリチウムイオン電池は91年以降、ソニーや旭化成で商品化された。

 リチウムイオン電池は、さまざまな機器に使用が可能だ。また小型で軽いため、ノートパソコンやスマートフォンなどのIT機器の普及に貢献し、「モバイル革命」の原動力となった。近年は走行時の排ガスのない電気自動車にも搭載され、環境汚染防止の点からも注目されている。


あわせて読みたい

毎日新聞社の記事をもっと見る 2019年10月9日の社会記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら