和歌山の重症男性、感染外科医と接触なし 受診前から症状 他に3人肺炎

和歌山の重症男性、感染外科医と接触なし 受診前から症状 他に3人肺炎
新たな感染者が確認されたことを受けて、記者会見する仁坂吉伸知事(左)=和歌山県庁で2020年2月14日午前9時46分、木村綾撮影

 新型コロナウイルスによる感染症で、和歌山県は14日、新たに県内在住の70代の農業男性の感染を確認したと発表した。13日に感染が判明した50代の男性外科医が勤務する「済生会有田病院」(同県湯浅町)の患者で、現在は別の病院の集中治療室で治療を受けているが、重症という。県が2人の感染経路について調べている。

 県によると、新たに感染した男性は1日に発熱や嘔吐(おうと)などの症状を訴え、6日には熱が39度まで上がったため有田病院を受診し、入院した。肺炎と診断され、症状が悪化して13日に他の病院へ移った。

 男性は有田病院では内科を受診しており、先に感染が確認された外科医との接触はなかったとみられる。男性が有田病院を受診する前から症状を訴えていることもあり、県は外科医から感染した可能性は低いとみている。記者会見した仁坂吉伸知事は「感染経路の特定は非常に難しい」と述べた。男性の中国への渡航歴は不明という。

 有田病院を巡っては、2人のほか同僚医師と患者2人の計3人も肺炎を発症。このうち患者1人は検査で陰性と判明したが再検査をする予定。残る2人についても今後検査をする。県は今後、有田病院に勤務する医師全員にもウイルス検査をする方針。入院患者も順次、検査する。

 県は14日、有田病院に「接触者外来」を設置した。1月18日~2月13日に同病院を利用した患者や家族が対象で、発熱などの症状がなくても希望すれば診察を受けられる。また、県は14日、健康相談のための専用の電話相談窓口(073・441・2170)を設けた。午前9時~午後9時、土日祝日も受け付ける。【黒川晋史、木村綾】

あわせて読みたい

毎日新聞社の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月14日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。